今までは、仏壇やお位牌というものは、仏壇店のような実店舗で購入するのが当たり前でしたが、最近は通販で購入する人も増えています。仏壇に限らず仏具をインターネットで購入するメリットは、価格の安さと商品の品ぞろえにあります。実店舗に比べると、仏壇などの値段は価格が倍近く違ってきます。実店舗の場合には、人件費や仏壇を展示する場所の確保が必要となりますから、その分費用がかかってしまいますが、インターネットの場合には、そういったものがかかりませんから、安く抑えることができます。また、展示するスペースには限界があるため、実店舗では商品数に限りがありますから、デザインにこだわりたいという人には、インターネットがおすすめです。そのほかにも、インターネットなら、ほかの店舗と比較することが簡単に行えますから、もっとも最適なものを選ぶことができます。

インターネットで購入する時の注意点

インターネットは、品数も豊富で実店舗よりも安い金額で購入できるというメリットがありますが、実店舗のように、仏事の相談を行いながら取りそろえていくということはできません。そのため、購入する際には、ある程度の知識は頭に入れておいた方がよいでしょう。お位牌というのは、故人の魂をいれるためのもので、通販で購入することに対して、亡くなった人に対して失礼ではないかと思っている人もいるかもしれません。伝統的な本漆の位牌の場合、10万円を超えるような高額なものも一般的ですから、予算に余裕がない人にとっては、激安で購入できる通販は有効な方法といえます。どうしても高額なものの方が良いと思われがちですが、大事なので故人を供養する気持ちですから、位牌にかけるお金が故人にたいする気持ちとは必ずしも比例しません。

お位牌が自宅に届くまでのプロセス

お位牌は、一般的には49日までに製作するのがほとんどで、49日を境に白木のものから本位牌へと代わります。49日法要の際に、魂入れを行うことも多いので、それまでに製作を段取りしておくことが大事です。位牌の種類は、黒塗りのものやモダン位牌などさまざまな種類があり、サイズも仏壇のサイズにあわせて選ぶことができます。位牌への文字入れは、機械彫りと手書き文字、手彫りがあります。機械彫りは、全体の仕上がりが整い、仕上がりがきれいです。手書き文字は、手書きの温もりがあり、職人の筆使いをみることができ、本物の金粉を使用しているので、長年色あせることはありません。手彫りは、職人が仕上げる温もりがあります。このように、サイズやデザインなどこだわりのものを製作する事ができるのも、通販のメリットといえます。